「すべての教育は洗脳である」書評

インプットが減るとアウトプットも減るって誰かが言ってたけど、ようやくその意味がわかった。一つの情報を取り入れると疑問と仮説が頭に浮かんできて頭が回る。それがアウトプットに繋がってくる。もっと本読まないとだめだなぁ。

 休みの日より仕事の日のほうが本読んでる。休みだと掃除洗濯細々とした事務仕事などで意外と時間潰れる。オーディオブックあまり好きじゃないけど活用しないとな。

 ホリエモンの「すべての教育は洗脳である」を読み終えた。この人の本読むたびに思うけど、文章はそこまで上手くないのに読みやすい。引き込まれる。書いてある内容から正直さが伝わってくる。第一印象はそんなに良くないけど、よく知ることで印象が良くなるっていうキャラが本人も文章も一緒だ。
 この本は「やりたい事があるけど一歩踏み出せない人」、「何かに熱くなりたいけど何をすればいいかわからない人」に対して背中を押すようなことが書かれている。ホリエモンの書籍やツイッター、メルマガを見る限り上記の2つに該当する人からの質問や相談って死ぬほど来てるだろうからホリエモン自身同じようなことばかりで飽き飽きしてると思うんだけど、それでもこうやって本にしてそういう人たちに対する情報提供をしてるから偉いわ。
 もちろん彼もビジネスマンだからそれだけマーケットがあるってわかっててやってると思うけど、別にやらなくても良いわけで。ホリエモンなら他にもっと儲けられる方法いくらでも考えられるだろうし、自分がもっと楽しいと思うことに時間使う選択肢もあったはず。
 でもこうやって本出してくれてる。優しいよね。だから人がついていくんだろうなって思った。
 ホリエモンってめちゃくちゃ本書いてる。僕は全て読んだわけじゃないけど、4〜5冊は読んだ。その中で共通して言えることは、必ず新しい学びがあるってこと。
 メルマガ購読したらわかるけど、この人のスケジュール半端じゃない。コペンハーゲン行って飯食って観光して仕事してONE OK ROCKのメンバーと飲んで帰国してトレーニングしてGRAYのライブ行って、みたいな。それを4日でやってる。瞬間移動してんのかな?毎回外食だし。どれだけ経験値積んでんだよ。。そんだけいろんな経験してたらそりゃアウトプット面白くなりますわ。
 このように自分では決して届かない知見を共有してくれるのが彼の圧倒的な価値だ。本も安いし読みやすいから収入と学歴の低いブルーカラーにはありがたい。積ん読になってる彼の本が後二冊あるから今年中には読み終えてまた記事を書こうと思う。

投稿者:

navy

金融資本と社会資本の構築を目指す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です