今年の目標達成方法忘備録

手帳に目標を明確に書く。はっきりと言語化すること。曖昧な目標は願望だ。願望は目標ではない。目標はシンプルでわかりやすい方がいい。何度も何度も頭のなかで反芻して無意識に刷り込むのに長かったらやり辛い。

目標は一つではないと思う。TOEIC900点以上という目標とセフレ3人以上作るという目標がある場合、時間の使い方をナンパか英語の勉強かで悩むことの無いように優先順位を決めておくべきだ。ぼくらは忙しい。やることは山ほどある。

達成するべき目標と時間配分が決まったら毎日自問しよう。

「目標を達成するために今自分ができることはなんだろう?」

色々思いつくだろう。それを手帳に書くんだ。手書きを勧める理由は、めんどくさいからその分脳にしっかり刷り込まれるため。キーボードだと簡単だからどうしても薄くしか刷り込まれない。

目標達成の障害とソリューション

・忘れてしまう

目標を日記欄ではなく、表紙の裏などのすぐに見られる場所に他の情報とは独立して記しておく。そもそも忘れる程の目標なら達成する気がなないのかもしれない。これはネガティブに捉える必要はない。他にもっとやりたい事があるのかもしれないので、少し自分と向き合う時間を作っても良いかもしれない。

・時間がない

これははっきり言って理由にならない。他のことをヤりながら考えることはできるし、10分あれば手帳をつけることはできる。これを言う人は自身のステージが低すぎるんだろう。

・考え(目標)が変わる

大いに結構だと思う。手段の目的化は問題だけど、そこを客観視できるならどんどん変えるべきだ。最初からうまくいくなんてことはほぼほぼないんだから軌道修正しながらやっていくのが良いと思う。

・諦める

 

まぁ我慢できるなら我慢すればいいし、できないんなら他の方法で達成したりすればいい。感情の折り合いが大事でしょ。

投稿者:

navy

金融資本と社会資本の構築を目指す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です