流星講習受けてきた

流星道場で講習受けてきた。結論から言うと、受けて本当に良かった。
受ける前は声かけをすげーためらってたし、平行トークなんてとんでもない!って思ってた。ナンパは道行く女性に「こんばんわ」って声かけて終わり。もちろんガンシカされてサヨナラだった。「こんにちは」って声かけたらいつかは止まって話を聞いてくれると思ってた。
まぁいるかもしれないけど、そんなの万人に1人いるかどうかってレベルなのに、声かける事に地蔵しまくって2時間に1人くらいだから生きてるうちには会えないな。笑
並行トークのしなきゃダメってわかってたけど心理的ハードルが高すぎてできなかった。すげー時間の無駄だって感じたから講習を受けることにしたんだ。

 

講習を受けるかどうか悩んでる人がいたらとっとと受けたほうがいい。理由は3つある。

 

一、1流の人に会える。
講習当日、少し緊張しながら待ち合わせ場所で待っていると声をかけられた。
「ネイビーさんこんばんわ」
振り向くとめちゃ若いイケメンが講習生と思われる人と一緒にいた。
「この人が流星さんか…やっぱりイケメンだ。」
少し三人で話してると、目の前のカフェの看板を見ながら入ろうか迷ってるキレイな女性がいた。一人なら絶対に地蔵して話しかけられないタイプだ。彼女はカフェに入らずその場を去っていった。
そのすぐ後、講習生と別れて流星さんと二人で座学のためにお店に向かってる途中、さっきの女性が信号待ちしてる。なんの躊躇もなく流星さんがっちゃフレンドリーに話しかけてる。
「!?!?!?」
何が起きてるのか脳がついていけてないおれ。
流「こっちにもう一人いるんですよ。この人が叙々苑奢ってくれるみたいだから行こうよ。」
笑うだけで何も反応できないおれ。状況に全くついて行けないおれ。
「こ、これがナンパ師か…。すげぇ…。」
そのコミュ力、立ち居振る舞い、メンタル、意識の高さなど圧倒的だった。
今までの人生で初めてガチのナンパ師に出会った衝撃でその後10分くらい今の状況を現実として認識できなかったからね。
想像の斜め上を行くとか言うけどそんなんじゃないんだよ。自分のリーチできる距離になくて飛び越えちゃってるんだよ。
一流の人に会うってこういう事なんだって思った。

 

ニ、コストの削減になる。
もともとモテるなら必要ないが、ナンパを早く上達するために(金と時間というコストの削減のために)はどうすればいいか。ネットや本でナンパのやり方を調べる方法がある。だから自分で調べて独学でナンパを身につける事は可能だ。でもそれ圧倒的に時間かかるでしょ。
そもそも信用できる情報かわかんないから、信用できる発信者かどうか調べるところから始まるわけだから。
信用できる発信者を見つけて、情報を学んで、その中でトライアンドエラーを繰り返して自分に合ったらやり方を探っていくのに膨大なコスト(金と時間)がかかる。
ネットや本にも載ってない生の情報を知らないばかりに痛い目を見るリスクもある。
さらに、ナンパはやり方だけではない。服装や髪型、態度などの自分ではなかなか気付けない部分がちょー大事なんで、そこをクリアできないとそもそもせっかく勉強したナンパテクを繰り出すことも出きない。
これらの問題のコストと講習を受けるコストのどっちが安いと感じるという問題で、おれは後者を選んだ。

 

三、メンタルブロックがぶっ壊れる。
講習中、流星さんに「あの子行け」って言われるがままに声掛けしてると段々とハイになってくる。やっぱ一流の人にやり方を教わってるから自信がつくし、後ろで見ててもらえる安心感もあるから一人じゃ間違いなく地蔵してた子なんかも声掛けできる。そうやって自分の限界を知らない間に押し上げてくれるので勝手にメンタルブロックがぶっ壊れてる。
自分一人でこの状態までたどり着くのにどんだけ時間かかるんだろうって思う。

 

以上、講習を受けた感想。正直まだ地蔵するけど、声掛けは慣れて緊張はしなくなったし、なによりナンパって楽しいって思えた事が1番良かったかな。話しかけて女の子が笑ってくれると嬉しいよね。あー、早く即りてぇ。笑

投稿者:

navy

金融資本と社会資本の構築を目指す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です