カテゴリ「思考の基礎」を追加することにした理由

このブログに「思考の基礎」というカテゴリを追加することにした。このカテゴリーは普段疑問に思わないことに改めて「なぜ?」と自分で質問して、その理由を自分で回答するスタイルで構成される。

なぜこんなことするのかというと、理由は3つある。

、俺自身の頭が悪いから。今まで生きていてほとんど論理的に考えるなんてしてこなかった。「考える」という苦痛から逃げて「直感に頼る」なんて言い訳して楽な方ばかりに流されて生きてきたからこーんなブルーカラーワーカーができちゃったわけですよ。これはなんとかせにゃならんってことで。

、当たり前と思われていることが正解なのか自分で判断したいという思いがある。

カッコつけました、ごめんなさい。ただめんどくさい事を極力減らしたいだけです。いや、「考える」のもめんどくさいっちゃーめんどくさいんだけど、「考える」ってご褒美があるでしょ。例えば、どうやったらモテるよになるんだろう?って考えたらモテるようになるかもしれない。問題に対して仮説を見つけてトライして成功したらご褒美がもらえる。

でも常識や慣習って素直に従ってても取り残されるだけで損失がある。できるだけ損失を減らして生きてるだけで丸儲け!って状態にしていきたいからね。もちろん戦略的に常識や慣習に従うことは全然ありだと思う。

、説明できないのが嫌だからだ。言語化できていない知識を基にした思考って危うい。論理的思考ってレンガを積み上げていくようなものだと思ってる。言語化されていない知識は「レンガっぽいもの」なので、レンガだと思って大事な箇所に置いたのに実は固い泥で、雨が降ったら泥が水分を含んで柔らかくなったことにより今まで積上げてきたものが全て崩れてしまったなんてことになりかねない。

つまり言語化するってことは、レンガかどうか(正しい知識かどうか)を判断するのにとても大事なことなんだ。これを疎かにするととんでもないことになる。

 

以上の理由から新カテゴリを始めようと思う。おれは経済的自由を手に入れるために動いていて、世の中にはバケモノみたいな手本とするべきすごい人間がいっぱいいる。バケモノ達はとっくにこんなフェーズは終わらせていて、もう先の先の先の先の先の・・・遥か彼方にいる。

だけどそんなことは全然問題じゃない。おれはバケモノ達と同じ事をしようとは思わないからだ。バケモノ達が今何をやっていようと関係ない。ただ、その生活を手に入れた考え方が欲しい。欲しくて欲しくてしょうがない。サラリーマン思考ではなく、経済的自由を獲得した個人事業主や中小企業の社長の考え方だ。両者の考え方は正反対だ。これを読めばわかると思う。

今回このカテゴリを作ることは、それを手に入れる為の小さな一歩だと思っている。

 

投稿者:

navy

金融資本と社会資本の構築を目指す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です