人生を加速させるライフハック

とにかく、人生なんでも、1%ずつでいいんですわ。それをどれだけ続けられるかですわ。
晋作「風俗行ったら人生変わったwww」

あの物語が実話かどうかはわからない。だけど彼の言葉は間違っていないと思う。成功者はみんな努力家だ。記事を全く書かないプロブロガーはいない。記事を書くだけでは埋もれてしまうので、突き詰めて考えて差別化していく。そういう努力を継続して成功をつかみ取っていく。

ただ、僕ら凡人にとってそれは簡単じゃない。天才は成功への努力を息をするかの如くこなすのに対し、僕ら凡人は努力より楽しいことがいっぱいあって、努力を後回しにしてしまうからだ。
更に、僕ら凡人は努力を後回しにしてることすら気がつかない!だから自分が怠惰なことを知らずに「今日も仕事がんばった^^」なんて呑気に思いながらゲームとかして過ごして眠る。

違う。
天才は仕事終わってからやってるんだよ。息をするようにね。
まずこの認識を改めるべきだ。そこに気がつけるだけで成功する確率はグッと高まる。

ここまで読んで何か一つでもやらない言い訳が浮かんだ人は、その考え方が変わらない限り成功は無理だろう。
ここから先はそれ以外の人のために書いていく。

自分がいかに怠惰が気付き、それを改める方法を見つけ、更に成功までの道のりまでもがわかってしまう。そんなドラえもんでも出せるか怪しいレベルの素晴らしい方法がある。
それは、毎日寝る前に日記を付けることだ。

書くことは4つ。
・目標
・目標に近づく為に今日やった事
・今日やった事以外に今日もっとできた筈の行動
・思ったことを徒然なるままに書く
これだけだ。10分あれば終わる。
たったの10分だけど効果は絶大だ。

目標を毎日書くことで頭に染み付く。そうすると自然に目標に向かって行動するようになる。ゲームをやってる時間を無駄だと感じ、知らないことを検索したり本を読むようになるだろう。

目標に近ずく為にその日やった事を書くことで「自分がどれだけ頑張ったか」ではなく、「思ったよりも自分が何もやってない」ことに気付くだろう。それに危機感を感じればこっちのものだ。危機感は行動を促す強力な道具だ。上手く使いこなそう。

もっとできた筈の行動を書くことで、自分の行動に満足するのを防いでくれる。僕なんかは書くことに慣れてないので、1つの記事を書くためにすごく考えるし、悩むし、かなりのパワーを使ってしまう。そうやって何時間もかけて記事を書き終わると、達成感を感じてしまって「もう今日はいいや」ってなっちゃう。
でも一日の終わりに振り返ってみると「ああ、もっとできたな」って気づける。それを続けてると意識が少しずつ変わってくる。

最後に思ったことを徒然なるままに書いていくと、意外な発見がある。これは他がしっかり決まったことを書いてるけど、肩の力が抜けていいアイディアが出てくるんだと思う。
もう一つ、同じことを継続しているとマンネリを感じることがある。特に成長が鈍化しているとよく感じる。そんな時は現在の状況を言語化してみると簡単に解決策が出てくることがある。あとストレス発散にもなる。

ほんのちょっとしたことだけど、これだけでゴールを見失わないし道も踏み外さない。

最後に補足したい。必ず手書きで書くことだ。タイピングじゃない。
手書きの方が手間な分だけ脳に刷り込まれる気がする。これはデータがなく、自分の実感だから説得力に欠けるけど断言して言える。絶対に手書きだ。
そして、手帳に書こう。ノート上手く書くのはセンスがいるけど、手帳はセンスなくてもそれなりに見える。年単位の目標の場合はカレンダーに「いつまでに○○をやる」などの期限を決められるので便利だ。他にも手帳の使い方は色々あるから調べてみて欲しい。

オススメの手帳はこれだ。

ロフトや書店を10店近く探したけどやっぱりこれが一番だった。日記欄が大きくてたくさん書ける。1人で熱くなって将来やりたいことを書きまくっても、書ききれないってことはほぼ無い。高級感があるデザインもいい。

これしきの事は成功してる人なら間違いなくやってる。やってない人は早ければ早いほどいい。今日から始めるべき。

投稿者:

navy

金融資本と社会資本の構築を目指す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です