根性で筋トレは一秒でも早く辞めた方がいい理由

根性での筋トレ辞めて、ちゃんとした知識をベースにした筋トレ始めたら結果出まくってる。根性論とかクソ。


そもそも根性論を信じるようになったのは、ネットの情報を信じたから。取りあえず手っ取り早く調べてその情報を基にやってみた。
始めたばかりの頃はそれなりに筋肥大した。でももともとサーフィンをやっていたからマッスルメモリーで元に戻っただけっぽいけど。サーフィンやりまくってた頃より大きくなってないし。


それがちゃんとした知識を基にしたトレーニング始めてまだ3週間なのに体変わり始めた。体に凹凸が出てきてる。これは良いぞ。と言うことで根性トレーニングと理論トレーニングを比較してみたい。





根性時代の自分
・常に疲れてた。朝にジム行ってるのに、筋トレ終わって帰ってくると疲れすぎててソファから一歩も動けない。
・インターバルは30秒から1分
・セット数は5~8セットを体調や時間を見て変えていた。大きくしたい個所は、セット数多めで。1セット10~12レップを週4で。
・いくら寝ても疲れがとれない。
・何故か3~4時間で目が覚める日が多々ある。
・休みの日は3度寝くらいして9時間くらい寝てしまう。それでも昼間にとんでもなく眠くなるので昼寝してしまう。
・気力が無くあまり外に出なくなる
・本読んでると寝る
・めっちゃ疲れてるのに何故か寝付きめっちゃ悪い
・集中力続かない
・笑顔が減る
・重度の肩こり。気持ち悪くなるくらい。
・それでも体脂肪率は変わらない
・筋肥大しない
・トレーニング時間は一時間半


今こうやって見返してみると良くやってたなって思う。笑
筋トレ界隈って根性論が蔓延してる。なんかのSNSでスクワットは6セットはやらないと大きくならないって読んだ。そんなことないのに。
そして実践し始めてもうすぐ3週間。こんな感じで変わった。


・筋トレ後でも全然体力余ってるので、ジムから帰ってきてすぐに家事に取り組める。
・インターバルは3分~5分。今までと比べるとめちゃくちゃ長いので、その時間にKindleやネットの記事などのinputに使ったり、ブログの記事書くoutputの時間に使える。これが意外と良くて、適度に体動かしてるからか頭が回るので、いいアイデアが出てきたり集中できる。
筋トレの時間って長いから筋トレだけに使うの勿体ないって思って根性時代はオーディオブック聞いてたけど、どーしても好きになれなかった。今のやり方なら聞かないでも時間を有効に使えているので満足してる。
・ピリオダライゼーションを取り入れたのでセット数やレップ数は時期によって変わる。でもぜんぜん楽になった。
・今は目をつぶったら2秒で寝る。
・活動量増えた。よく外出するようになった。
・休みの日も6~7時間睡眠。昼寝なしでもよゆー。
・集中力アップして本も長時間スラスラ読めるぜ。
・笑顔が増えて女の子とも仲良くなれます。
・肩こりは以前からあったから完全にはなくならないけど、それでもかなり楽になったし気持ち悪くならない。アンメルツ使わなくなった。
・体脂肪率は変わらない。笑
でも体の見た目は全然変わった。メリハリが出て細マッチョくらいにはなった。確実に鍛えてる箇所は筋肥大してる。
・トレーニング時間は1時間。半分以上インターバルなんで、実質筋トレ30分以下。inputもしくはoutput30分以上。


こんな感じでめちゃくちゃ変わった。自由に使える時間増えるし結果出るしで大満足。今まで何やってたんだろう?って思うけど、それがあるから今めちゃくちゃ楽に感じるんだろうな。


筋トレの知識身につけたって言っても読んだ本はまだ4冊。



これらは初心者用の本。



これは専門的な本。
見ての通り知識はまだ全然無い。にも関わらずこれだけ結果でたから、栄養やフォームの勉強を更に進めていったらどうなるのかすごく楽しみ。

投稿者:

navy

金融資本と社会資本の構築を目指す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です