ほんのちょっとの勇気があなたの現実を変えるという話

「迷ったらゴー」って誰が言い始めたんだろう?その開拓者精神は見習わなきゃならない。

先日、都内某所である講習を受けた。会場に早く着いたので小説を読みながら待っていると、斜め前に女の子が座る。見た目24才くらいの色白のきれいな子だ。肩幅が狭くてかわいい。

休憩中に話しかけようかとも思ったが、前にも隣にも人が座ってるのにわざわざ斜め前の彼女に話しかける理由はない。
「どーしよっかな。なんかいい方法ないかな?」って考えてたらお昼になった。
お弁当は出ないのでみんな外に買いに行く。

トイレに行ってから僕も外に出ると、なんと斜め前に座っていた彼女がそこにいるではないか!
チャンス到来。行くしかない。

が、ここでいつもの【行動しない理由】が一瞬でバババッと5〜6個頭を過る。
「全く喋ったことないのに急に誘っても断られる」
「てか何喋るよ?」
「上手く誘えたとして食事中に何を喋る?」
「今日着ている服がダサいかもしれない」
「断られた後気まずくなったらどーしよう」
「そもそももっとかわいい子は他にいっぱいいるし」
「朝に見かけた他の子の方が自分のタイプだったからその子を誘おうかな」

情けない事だが僕は声をかけようとする時はいつもこんなこと考えてしまうんだ。

だが声をかける。

「こんにちは。講習受けてますよね?」
「はい。」
「僕も受けてて、オネーサンの後ろに座ってるんだけどよかったらお昼一緒に食べない?昨日も一人ですげー寂しくて。笑」
(実は2日間の講習で1日目は地蔵して話しかけられなかった。笑)
「笑。いいですよ。」

意外とあっさりオッケーしてくれた。
食事しながら話してるとやっぱかわいいし、スタイルもなかなか良い。しかも聞けばなんと4月から新社会人になると言うではないか!テンション上がる。

にこやかに食事を終わらせる。講習に戻り、最後に簡単なテストを受けてて講習終了。
帰りに前を歩いていた彼女にまた話しかけると、たまたま会場の最寄り駅も一緒だったのでそこまで一緒に帰ることに。ここまで来たならラインゲットしなければ勿体無い。

でもちょっと気になる点があった。食いつきがあまり見られない。笑いは所々あるが少し壁を感じる。まだ少し打ち解けてない感がある。
例えるなら、職場の他部署にいるたまに話すけど全然興味ない人とたまたま外で一緒になったからなんとなく話してる、みたいに感じた。

正直ライン聞くか悩んだ。いつものちょっとでもネガティブな要素があると出てくる、あの【行動しない理由】がまた現れていた。
「ラインやってなかったらどーしよう」
「断られたら恥ずかしいな」
「ちょっと家遠いし、もしライン交換しても会うの大変だしな」
「この子オレのこと何とも思ってないな」
「このままバイバイしたほうがお互いにいいんじゃないか?」
「そもそもこの子とは性格が合わなそう」
「おれにはもっと可愛くて性格の合う子が他にいるはず」
こんな考えに脳内を支配され、おれの心はネガティブな方へ流され、自信を失っていく…。

だが聞く。

「今度仕事帰りにご飯行こうよ!」
「いいですよ。」
「ライン交換しよ^^」

この時驚くべきことが起きた。
おれは確かに聞いた。
「カチッ」という彼女のおれに対する認識が【たまたま会った人】から【一人の男】に切り替わる音を。

ラインを交換してる間それまでとは打って変わり、彼女の顔は少し照れくさそうに笑いながら、でも嬉しそうにしていた。

もしかしたら自信がないのは彼女の方だったのかもしれない。だから少し素っ気ない態度だったのかもしれない。
彼女の芯が強く真面目な性格と少しキツめの顔立ちだから周りの男がビビってあまり恋愛してこれなかったのかもしれない。

全ておれの憶測に過ぎない。
現実は自分の想像を簡単に超える。
声をかける前は相手がどんな人間であるかなんて全くわからない。その未知が声掛けの恐怖の正体なんだと思う。
だけど自分の勝手な想像で相手を判断するのは絶対に止めるべきだ。そんな物は全く当てにならない。

「一寸先は闇」はネガティブに使われる言葉だけど、それは当たり前なんだ。デフォルト。だから僕らは勇気を出して先に進まなければいけない。
迷ったらゴーの精神で。

金をかけずにセックスの安定供給を得る方法

不動産を買うために支出を抑えてると、どーしても女の子と遊ぶお金を減らさなければいけなくなる。僕は今そもそもの収入が少ないので、お金を貯めようと思ったら必然的にそうなってしまう。低スペはつらいよ。

だからと言って女の子と遊ばないって選択肢はない。だってエッチしたいじゃん。男の子なんだもんっ。
だけど付き合うのはめんどくさい。でもセックスの安定供給は欲しい。んじゃどーしよーってなったんで考えてみた。僕と似たような境遇の方の参考になれば幸いです。

僕はセックスの安定供給は男の将来の成功の成否を左右すると思ってる。男なので性欲は溜まる。でもオナニーに頼りすぎると腑抜けになる(ちなみに僕はオナニーが嫌いなのでその選択肢はない)。
となるとセックスしない場合、我慢するか風俗行くしかなくなる。でも金貯める為に女の子との遊ぶの辞めて風俗行くのは本末転倒なので、我慢するしかない。だからどんどん性欲が溜まっていき、エロい事しか考えられない真っピンクの脳みそになり、何も集中できなくなってしまう。なのでセックスの安定供給のマネージメントは死活問題なのだ。

セックスの安定供給の確保の王道は彼女作る事だろう。でもこれには相手に結婚を意識させてしまうという大きな問題がある。別に僕はまだ結婚したくない。セックスの安定供給だけが欲しい人にとって、これは相手に可愛そうだ。相手に変な期待をさせない為にも付き合いたくない。

問題をもう一つ加えるとすれば、付き合ってしまった場合、他の女の子とエッチしたことがバレてしまえば、それはもうとんでもない事になる。こっちは言質取られてるから相手は怖いものなしで責め立てまくってくる。困ったもんだ。

付き合うって言うのは、これらと問題を受け入れる事と引き換えにセックスの安定供給を得ることだ。天秤にかけ、セックスのほうが重かったら付き合う。
こう考えると、一般的な「付き合う」は結婚してもいい女と交わす精子独占譲渡契約だ。こんなの男にとって何もいいことねーじゃん。。

じゃあどうすれば自分にとってもっと都合のいい形にできるか考えたい。まず僕の要求として、
1たくさんの子とエッチしたい。
2なるべく金はかけたくない。
3相手に変な期待をさせたくない。
と思っている。

そこから出てくる選択肢として、
A結婚を前提としない付き合いをしながらバレないように浮気する
Bセフレポジションに落ち着いてもらう
のどっちかになる。

毎回新規を低コストで攻めるのもいいけど、僕が欲しいのはセックスの「安定」供給だ。
新規は自分の腕が未熟な為にセックスまで持ち込めなかったり、グダ崩しに2時間かかってしまうリスクがある。僕はそれを望まない。
もっと自分に実力があればいいんだけど無いし、今は実力をつけるよりも他を優先したい。

じゃあ具体的にどうするか?
Aの場合、付き合う契約締結時に「結婚は考えてない」と宣言すればいい。
でもここで「結婚できない人とは付き合えない」と言われないために、ある程度セックスしておく必要があるだろう。付き合ってからは相手の行動範囲内であまり女遊びしないなど、バレない為に色々と気をつけないといけない。
そう考えるとセフレポジションに落ち着いてもらう方が気は楽だ(セフレポジションでも文句言ってくるやつは文句言ってくるけど、逃げ道があるから精神的に全然マシ)。

じゃあどうやってセフレを作るか?なんだけど、これは僕も現在試行錯誤中なのでまたアップデートできればと思う。

絶対負けないと心に決めたい人へ

つくづく思うのは「金は力だ」ということ。力とは権力ではない。もちろんそれもあるが、僕が伝えたいのはそのままの「力」だ。

僕みたいな現在数十万円程度の資本しか持ってない人間と1人で数千万円の資本を動かせる人とは、穴を掘るときに使うスコップとショベルカーくらいスピードに差がでる。そう言うことだ。
もしかしたら僕はスコップすら持っておらず、木の枝で土を刺して柔らかくして素手ですくってるレベルかもしれない。そんな風に思うときもある。

僕の現状は、超格安不動産を購入するために百万円の資本金を集めているところだ。そのために毎日十円単位で支出を切り詰めている。こんな事を毎日やっていると、上に書いたようなことを思う時がある。こういう時に僕が感じるのは強い欲求不満だ。
以前の自分ならせっかく頑張って貯めた資金を発散のために散財し、元も子もなくなってしまっていた。そしていつの間にか目標を諦めていつも通りの生活に戻るという悪循環だった。
でも今は抑制された欲求を女の子と遊んだりブログ書いたり筋トレしたりと感情のコントロールができるようになっている。

自分の感情に自分で折り合いがつけれるようになってくると、頭がクリアになり現実がはっきり見えてくる。しかし人によってそれは辛いことかもしれない。なにせ如何に自分が目標から遠い場所に居るかが如実に見えてしまうからだ。その間の苦悩は耐えない。それなのに見返りはない。あるとすれば自尊心を保つために「また今日も目標に一歩近づいた」と自分に言い聞かせることくらいだ。

だが現状維持していても生活が楽になることはない。死ぬまで似たような仕事を続けることになる。
かといって自分で何か事業を始めても成功するかわからないし、先は果てしなく長いし深い。10年かそれ以上か。
ゆっくりと死ぬか、十中八九数年以内に死ぬかのどちらかを選ぶかだ。

だが僕は多くの低スペにとって後者は希望なんじゃないかと思っている。日給一万円の仕事を後30年続けるか(続けられればだが)10年頑張るかと問われれば誰だって後者だろう。
にも関わらず、人は選択はしても行動はしない。無意識に言い訳を思いついて行動しないだろう。以前の僕がそうであったように。

そんなあなたに対して僕から1つ伝えたいことがある。これは40才で既に自分のマンションを持ち、自分の好きなこと(空手とナンパとたまにバイト)をして生きている、ある社長から聞いた言葉だ。自分の中からできない理由が湧き出てきた時、自分に負けないように、挑戦し続けるために自身にこう問いかけて欲しい。

「しからばどうする?」