金融日記から学ぶ「直感」についての仮説

「直感に従え」の本質的な意味がわかってきた気がする。

最近積読になってるキンドルの実用書を読んでも全然面白くないし、全く頭に入ってこない。かといって読書が嫌いになったわけではない。小説は進んで読む気になる。

もともとそんな真面目なタイプじゃないけど、このやる気のなさはどうもおかしいと感じた。「これがもしかしてうつ病ってやつか?」と疑ったけど、どうも違う。仕事はヤル気満々だし、ナンパもヤル気で溢れかえってる。地蔵ばっかだけど。

なんだろなーって思ってたら第312号の週間金融日記にヒントがあった。
「脳科学に基づく言語学習法」と題された論文を引用すると、

この本によると、というか脳科学によると、脳は情報が入ってくると、それが重要な
ものかそうでないものかを判別し、重要でなかったらすぐに忘れるようにできている。こ
のようなメカニズムによって、人間は混乱することなく膨大な情報を処理することができ
るのだ。そして、ほとんどの情報は、すぐに忘れるべきものとして処理されてしまう。こ
の「忘れるフィルタ」を突破してやる必要があるのだ。


とある。

なるほど。それはあるかもしれない。
今読んでる「マーケティングを学ぶ」を何故読んでるか?って聞かれたら、「何となく必要かなーって思って」とか答えてしまいそうだ。

でもこれも理由をつけようと思えばできる。「ブログから月5万円の収入が欲しい。その為にアマゾンアソシエイトで1,000円の本を〇〇冊売りたい。調べてみるとコンバージョン率は△△%らしい。これをマーケティングの知識を生かして✕✕%上げられれば月□□のアクセスで月5万円稼げる。
よし!マーケティングをマスターだ!」
とかね。

でもここまで考えてないって事は、僕にとってマーケティングはそれほど今の生活の中で優先順位が高くないって事だ。
こういう事を脳は無意識で行っている。

別のケースで、必要だと思っているパターンの場合。
筋トレは筋肥大しなくて困ってる。夏までにもっと身体を大きくしなきゃ!って思ってるので、脳は必要性を理解している。だから山本義徳先生の本はとっても面白く読めてしまう。

※ちなみに第312号と第313号の週間金融日記には、前者のような「忘れるフィルタ」があっても関係なく効率よく記憶する為の方法が書かれてる。

だから脳科学的に言うと、「直感に従え」は自分が興味あることや好きなことを勉強すると学習効率が良いので成功確率が上がるよって事だと考える。

ナンパ慣れ女子大生と地蔵ナンパ男

前回の記事アップしたの昨日なんだけど、実は2週間前の話なんでホントは間がしっかり空いてます。

さて、ショボ腕ナンパ野郎の僕はしょっちゅう地蔵しまくってる。最近も2ヶ月くらいほとんど声掛けできなかった。
前回の記事にもあるように、色々考えたり悩んだりしていた訳だ。
それなのにこの前フラッと声掛けしたらあっさりラインゲットできてしまった。今回はその事について書いていきたい。

僕はいつもソロで声掛けしてて、ナンパ友達みたいな人は一人もいません。ただし、師匠はいます。流星さんです。

1月に流星道場に入り、1回目の講習を受けた。
それからしばらく声掛けできたんだけど、ラインゲットなどはしたことなく大抵はシカト。
1週間くらい経つと「忙しい」と理由をつけて声掛けしなくなってしまった。ほんとは時間なんていくらでも作れたのに。

それから気がつくと1ヶ月くらい経っていた。時が経つのは信じられないくらい早い。
この間全くナンパしてない。

危機感を感じてナンパ再開。
すると何だこの恐怖感は?全てのおれが自分が今からやろうとしている事を否定している!
声がかけられない。おかしい。流星さんの講習を受けたじゃないか。あの時はあんなに楽しく声かけできたのに。。

1時間以上辺りをフラフラしても声がかけられない。何とかしなきゃまずい。
ルールを決めることにした。
声をかけるまで帰れないルールだ。
明日も朝早いし、もう既に家に着いていなきゃいけない時間になってる。自分で自分を焦らせて行動を促す作戦だ。

それから地蔵する事1時間。ようやく喉から「こんばんわ」を絞り出したがガンシカ。
マジで何やってたんだろう?と思いながら帰るような、そんな日々がまた1ヶ月以上続く。

認めたくないがこれが今の自分の実力らしい。自分一人の力じゃどうにもならないかもしれない。情けないが現状を認めなければ成長はできない。
2回目の講習を受けることにした。

実は密かに地蔵を克服するまで2回目の講習は受けないって決めていたのだが、大事な事はナンパできるようになって女に困らなくなることだ。目的を見失っちゃいけない。

流星さんに連絡した。
日程のやり取りをしたあと、「最近出てますか?」と質問してくれた。
それだけでも嬉しかったが、「地蔵してる」と伝えると初心者用のpdfまで送ってくれた。

その時に自分が地蔵する理由がわかった。
孤独に耐えられなかったからだ。
ブログ以外で情報発信していないのでネットで意見交換もしない。リアルの友達には少し言ってるが、一緒にナンパする事はない。
いつも一人で街に立ち自分と向き合ってきた。そして無駄なエネルギーを使っていた。

相談できる相手がいるってだけで精神的な支えは大きい。それは結果にも繋がってくる。
流星さんと連絡取った次の日。
せっかくpdfまで頂いたんだから地蔵克服したい!と意気込みナンパする。

いつもの癖が抜けずに10分程地蔵する。
「何やってんだ。流星道場生だろ。シャキっとしろ。」
自分に活を入れて声掛け。

「こんばんわ。今日寒いねー。」
「寒いですね。」
おい、オープンしたぞ。

「仕事帰り?」
「学生です。」
「そーなんだ!大人っぽいね!」
「ありがとうございます。」
ここまではいい感じだ。

「職場どこなんですか?」
「港区だよ」
「いいところですね」
「そんなことないよ」
おれ真面目か?
何ふつーに返してんだよ。

「どこ行くの?」
「ご飯です」
「そーなんだ。いいね。」
ここで話すネタがなくなる。

「今度お茶しようよ」

「いいですよ。ラインでいいですか?」

!?

こんなあっさり行くもんなの?
うそでしょ?
壺とか出てきちゃう?

0.5秒くらい頭フル回転させていたらその間に相手はQRコードの画面を既に出してる。
どんだけ慣れてんだよ笑

とりあえず交換。
相手のアイコンが星の王子さまだったので、星の王子さまトークをちょっとして解散。
その後すぐ電車に乗ってずっとニヤニヤしてた。

今回は運が良かったのと流星さんにそっと背中押してもらった事が勝因だ。
つってもラインゲットしただけなんだけど。
でも全く知らない相手に話しかけて連絡先交換なんて高校生以来だ。
小さな成功に思えるだろうけど、自分にとっては大きな意味がある。色々と勉強になった。
おれはここから高く翔ぶ。

停滞期ブチ壊しプラン

最近ブログの更新、ナンパ、筋トレの3つとも停滞してしまっている。何とかせねば。

 

ナンパの問題点を探っていこう。
まず地蔵だ。
1感情コントロールができてない
2後のことを考えてしまう
3見た目を常に清潔に保つ
4話すネタがないと思ってしまう


書き出すとしょーもないことばかり。こんな事がいちいち気にならなくなるように一皮剥ける必要がある。


対処法を考えていく。
1感情コントロール
・ネガティブな事を考えない。
これに有効なのは意外にも広角を少し上げる事。やってみるとわかると思うが、思ってる以上に下がっている。特に朝の通勤電車の中にいる時はひどい。
効果はある。気持ちが和らぐ。ガッツポーズしたりするとテストステロンが出る事と同じだと思う。


2後のことを考えてしまう
(少し補足すると、例えば通勤ルートで話しかけて嫌われたら「また会うかもしれないし気まずいな」とかダサい事を考えてしまうと言う事)
・陽気にやる
自分が疚しいことだと思っていたら、それは必ず態度に出る。ナンパには微塵も疚しい事はない。
ナンパは交渉だ。気になった相手を堂々と誘うとても男らしい行為だ。疚しいのはそう思ってしまう心であってナンパではない。
ただ、いくら自分がそう思っていても相手から思われてしまうことはある。
だから思いっきり陽気にやる。疚しい事も明るくやられてしまったら疚しい事ではなくなる。これの効果は太閤記の豊臣秀吉がわかり易い。


 
3見た目を常に清潔に保つ
・自己管理の徹底
髪は3週間に一度切る。服は自分に似合うものを知り、定期的に買う。睡眠時間を充分に確保する。食事はタンパク質を多め、炭水化物少なめ、砂糖は摂らない。週に3回以上筋トレ、できれば4回。本を読み、アウトプットする習慣を持つ。自分を裏切る様な事は絶対にしない。


4話すネタがないと思ってしまう
・ノンバーバルを意識しろ
話す内容ではなく、場の雰囲気を良くする。まぁ陽気に振る舞えってことだ。


ナンパについてはこんなもんだろう。


はい、次筋トレ。


問題点
・背筋と胸筋が大きくなっていない
仮説
・フォームが悪い
・刺激がマンネリ化してる
・栄養が足りてない。もしくは摂り方がわるい。


改善策
・フォームを勉強する。山本義徳先生の本を読む
・トレーニングの種類を増やして違う刺激を与える。胸のトレーニングの日にベンチプレスやったら、次の胸のトレーニングの日にはやらず違うトレーニングにするなど。
・食事についても知識を取り入れる。山本義徳先生の本を読む。


筋トレの問題はほとんど山本義徳先生の本を読んだら解決しそうだ。笑
信用しすぎかもしれないけど、筋肥大トレーニングを読んでトレーニング変えたらめちゃくちゃ結果出てるから試して見る価値はある。


実践が楽しみだ。