ナンパ慣れ女子大生と地蔵ナンパ男

前回の記事アップしたの昨日なんだけど、実は2週間前の話なんでホントは間がしっかり空いてます。

さて、ショボ腕ナンパ野郎の僕はしょっちゅう地蔵しまくってる。最近も2ヶ月くらいほとんど声掛けできなかった。
前回の記事にもあるように、色々考えたり悩んだりしていた訳だ。
それなのにこの前フラッと声掛けしたらあっさりラインゲットできてしまった。今回はその事について書いていきたい。

僕はいつもソロで声掛けしてて、ナンパ友達みたいな人は一人もいません。ただし、師匠はいます。流星さんです。

1月に流星道場に入り、1回目の講習を受けた。
それからしばらく声掛けできたんだけど、ラインゲットなどはしたことなく大抵はシカト。
1週間くらい経つと「忙しい」と理由をつけて声掛けしなくなってしまった。ほんとは時間なんていくらでも作れたのに。

それから気がつくと1ヶ月くらい経っていた。時が経つのは信じられないくらい早い。
この間全くナンパしてない。

危機感を感じてナンパ再開。
すると何だこの恐怖感は?全てのおれが自分が今からやろうとしている事を否定している!
声がかけられない。おかしい。流星さんの講習を受けたじゃないか。あの時はあんなに楽しく声かけできたのに。。

1時間以上辺りをフラフラしても声がかけられない。何とかしなきゃまずい。
ルールを決めることにした。
声をかけるまで帰れないルールだ。
明日も朝早いし、もう既に家に着いていなきゃいけない時間になってる。自分で自分を焦らせて行動を促す作戦だ。

それから地蔵する事1時間。ようやく喉から「こんばんわ」を絞り出したがガンシカ。
マジで何やってたんだろう?と思いながら帰るような、そんな日々がまた1ヶ月以上続く。

認めたくないがこれが今の自分の実力らしい。自分一人の力じゃどうにもならないかもしれない。情けないが現状を認めなければ成長はできない。
2回目の講習を受けることにした。

実は密かに地蔵を克服するまで2回目の講習は受けないって決めていたのだが、大事な事はナンパできるようになって女に困らなくなることだ。目的を見失っちゃいけない。

流星さんに連絡した。
日程のやり取りをしたあと、「最近出てますか?」と質問してくれた。
それだけでも嬉しかったが、「地蔵してる」と伝えると初心者用のpdfまで送ってくれた。

その時に自分が地蔵する理由がわかった。
孤独に耐えられなかったからだ。
ブログ以外で情報発信していないのでネットで意見交換もしない。リアルの友達には少し言ってるが、一緒にナンパする事はない。
いつも一人で街に立ち自分と向き合ってきた。そして無駄なエネルギーを使っていた。

相談できる相手がいるってだけで精神的な支えは大きい。それは結果にも繋がってくる。
流星さんと連絡取った次の日。
せっかくpdfまで頂いたんだから地蔵克服したい!と意気込みナンパする。

いつもの癖が抜けずに10分程地蔵する。
「何やってんだ。流星道場生だろ。シャキっとしろ。」
自分に活を入れて声掛け。

「こんばんわ。今日寒いねー。」
「寒いですね。」
おい、オープンしたぞ。

「仕事帰り?」
「学生です。」
「そーなんだ!大人っぽいね!」
「ありがとうございます。」
ここまではいい感じだ。

「職場どこなんですか?」
「港区だよ」
「いいところですね」
「そんなことないよ」
おれ真面目か?
何ふつーに返してんだよ。

「どこ行くの?」
「ご飯です」
「そーなんだ。いいね。」
ここで話すネタがなくなる。

「今度お茶しようよ」

「いいですよ。ラインでいいですか?」

!?

こんなあっさり行くもんなの?
うそでしょ?
壺とか出てきちゃう?

0.5秒くらい頭フル回転させていたらその間に相手はQRコードの画面を既に出してる。
どんだけ慣れてんだよ笑

とりあえず交換。
相手のアイコンが星の王子さまだったので、星の王子さまトークをちょっとして解散。
その後すぐ電車に乗ってずっとニヤニヤしてた。

今回は運が良かったのと流星さんにそっと背中押してもらった事が勝因だ。
つってもラインゲットしただけなんだけど。
でも全く知らない相手に話しかけて連絡先交換なんて高校生以来だ。
小さな成功に思えるだろうけど、自分にとっては大きな意味がある。色々と勉強になった。
おれはここから高く翔ぶ。

投稿者:

navy

金融資本と社会資本の構築を目指す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です